美白クリーム<Best3>を【部門別】に大発表!

美白クリーム<Best3>を【部門別】に大発表! 注目 今や美容液以上に使えるのが美白クリームです。


美白クリーム使って美白ケアしてますか?


美白は美容液というイメージが強いですが、「美白を効かせるには周辺ケアも大事!」という最新のトレンドを考えると保湿力にすぐれていて、 有効成分も美容液並みに配合されているクリームを活用することがと効果的な美白のためには欠かせなくなってきています。


ただ美白クリームも安い買い物ではないし、色々な種類があるので、自分の美白の目的にあったものを選ぶというのがなかなか大変だったりします。


そんな方のために美白の目的別におすすめの美白クリームを紹介しようというのがこのサイトをつくったきっかけです。


美白クリームを選ぶ基準はいろいろあると思いますが、当サイトは特に重要だと思われる「保湿力」「ハイドロキノン配合」「低刺激」という3つの部門に特化して、 それぞれの部門でイチオシの美白クリームを紹介しています。


是非チェックしてみてください。

今あるシミを何とかしたい!方

ポツンとできたシミにはハイドロキノン配合のクリームがおすすめ商品を紹介します。

美白もしたいし、保湿もしたい!方

乾燥によるくすみ、美白が効く環境には保湿力が重要!高保湿美白クリームを紹介します。

敏感肌だけど美白したい!方

美白コスメが刺激にある敏感肌や肌荒れ時も安心!低刺激でも実感できるのはこれです。

当サイト経由の人気の美白クリームランキング【解説付き】

ディセンシア サエル

お試し:1,480円 本体:5,400円

注目敏感肌美白という美白の新境地を開いたクリーム
これまで刺激が強いとか乾燥するといわれてきた美白のイメージを覆す高保湿&低刺激のクリーム。 大手製薬メーカーと共同開発して特許を取得しているバリア膜を保護する独自技術が肌に弱い人、刺激を気にする人のニーズにぴったりあって大ヒット中です。

ビーグレン QuSomeホワイト

お試し:1,944円 本体:6,480円

注目シミに対する結果を追求したハイドロキノン配合
「シミ」に特化したのがビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9。 独自の浸透技術である「QuSome」をさらに改良し、ハイドロキノンを素早く確実に刺激を抑えて濃くなったメラニンに届けることができます。 肌にやさしいシミケアが魅力。

アスタリフト ホワイト

お試し:1,080円 本体:5,400円

注目大人の美白を考えたこってりしたテクスチャー!
自慢のナノテクノロジーを活かした浸透美白がアスタリフトホワイトの特徴です。一番のポイントは冬にも充分使えるこってりした美白クリームであること。 重さがあるということで敬遠する人もいるみたいですが、とにかく乾く人にこってり、しっとり感がうれしいはず。

当サイト経由の人気の美白クリームランキングのNO.1はこれ!

ディセンシアの特徴 要チェック カネボウの白斑問題以降、大ヒット中!


2013年にカネボウの美白化粧品がメラノサイトの機能が壊れることで生じる白班問題を引き起こしたのは記憶に新しいと思います。 (※ロドデノールというカネボウ独自の美白成分が原因だといわれています。)


この事件以降、白くなることがすべてだった美白に「肌に負担をかけない」「安全に美白できる」ということを気にする人が増えたといいます。


そうしたトレンドの変化により一躍脚光を浴びるようになったのが敏感肌ブランドdecenciaの美白シリーズ「サエル」です。


サエルであれば「なぜ安心して美白できるのか?」というと、


要チェック 敏感肌ブランドだけあって肌の角層を保護する&整える作用に優れているから
要チェック メラニンケアだけにフォーカスした対症療法的な美白ではないから


メラニンに働きかける対症療法的な美白作用ももちろんあるのですが、肌体質を改善して肌本来の機能を取り戻すことによる美白作用という 東洋医学的な肌へのアプローチをするので肌への負担をかけずに美白することが可能なんです。


劇的な即効性はありませんが、肌がターンオーバーするたびに肌色の変化は実感できるはずですよ。


美白実感に大満足!リピートする理由は? 体験談をチェック!

美白はクリームを中心に考えるとうまくいく理由

美白はクリームを中心に考えるとうまくいく理由 要チェック 美白成分+油分+肌触りの柔らかさの3つが魅力!


肌色の悩みがでてくるのは30~40代。肌のターンオーバーが遅れがちになるのでシミやくすみといった問題がでてくるわけですが、 同時にうるおい不足やゆらぎ肌といった肌バリア機能の低下も起こってきます。


バリア機能が衰えれば当然、肌は刺激を感じやすくなるので普段使っている基礎化粧品がしみて使えないということも増えてきます。


また、皮脂の分泌量も落ちてきますから目元や口元など動きの激しい部分は乾いて小ジワなどもでてきますから油分を補給したほうが 皮膚がなめらかになりますし、シワも防げるんですね。


そんな年齢による肌の変化に対するスキンケアのことも考えると、美白成分+油分補給+肌触りの柔らかさという3つの機能を持つクリームを使ってお肌をケアしたほうが合理的ですし、効果も期待できると思うんです。


肌荒れしているからとか、しみるからといって理由で美白ケアをお休みしてしまうとその分メラニンが生成されてしまうので美白にはマイナス。


そんな肌の調子が落ちているときでもクリームならなんとか刺激を感じずケアできることも多いので、 肌にやさしい美白クリームを美白ケアの中心に据えて取り組むのも面白いアイデアではないかなと思います。


初回限定のトライアルセットの中身をチェック! 詳細はこちら
Copyright © 2014 美白クリームランキング~潤美白を叶える至高の<Best3>· All Rights Reserved·